矯正器具はどう選ぶべきか

様々な方法で、歯並びを整える矯正治療は患者の生活スタイルや希望に合わせて選ぶことも可能です。矯正治療をしたいが、どの矯正器具が自分に適しているのか知りたいとい人は調べてみましょう。

二つの矯正治療方法をご紹介!

舌側矯正

歯の裏側に矯正器具をつける治療方法です。正面から見るだけではわからないため、目立ちにくい方法が良いという人には最適でしょう。

インビザライン

マウスピース型の矯正器具を使う治療方法で、自分で取り外すことができます。そのため、小まめに手入れしたいという人に適した方法と言われています。

名古屋駅近くの歯科で矯正治療に挑戦!【矯正治療はなぜ必要?】

矯正

治療する理由

多少歯並びが悪いぐらいなら、わざわざ名古屋駅近くの歯科に行ってまで矯正治療を受ける必要は無いと考える人もいますが、実は歯並びの良し悪しが将来の健康に大きな影響を及ぼすと言われています。歯並びが悪くなってしまうと、綺麗にブラッシングできていない部分が増えます。磨き残しが増えれば、その部分から虫歯になり歯がボロボロになってしまうこともあるでしょう。また、その虫歯が進行してしまうと神経が死んでしまい顎の骨に影響を与え始めます。顎の骨髄に虫歯菌が侵入してしまうと、骨髄炎という病気になってしまう可能性もあります。その他にも、骨髄炎の治療が遅れ進行してしまうとやがて虫歯菌は全身に行き渡ってしまい、敗血症を招いてしまうことになるでしょう。このような、症状は重度の虫歯が原因でなってしまうこともあると言われているため、歯並びを改善し虫歯を予防することも対策の一つと言われています。
歯並びを整えることで、口元の印象やフェイスラインが変わる人もいるため矯正治療をしたら綺麗になったというケースもあります。このように、歯並びは人間の健康・美しさに大きな影響を与えているため歯並びが悪いと思う人は歯科に行き、治療するべきかどうか歯科医師に相談してみてください。

歯型

治療に使われる矯正器具

矯正する部分や、症状によって異なりますが主に
・ブラケットを使った矯正治療
・インビザラインを使った矯正治療
を行なっています。患者の要望や、症状に合わせて治療器具を選ぶことができます。
ブラケット治療は、目立つというイメージを持っている人が多いと言われていますが最近のブラケット治療は、クリアブラケットという治療器具を使うため従来の方法よりも目立ちにくいと言われています。クリアブラケットは、白くコーティングしたホワイトワイヤーと一緒に使うことで周囲に気づかれにくくすることができます。また、ブラケットとワイヤーの摩擦があまり無いと言われているため、歯の移動がスムーズになり治療期間が短くなくなっています。

歯型を持つ人

歯を抜かない治療方法

矯正治療は、歯を抜く必要があるというイメージを持っている人は少なくありません。しかし、最近は歯を抜かなくても矯正治療をすることができると言われています。歯を抜かずに、治療を希望する人は名古屋駅近くにある歯科で相談してみてください。歯を抜く理由は、新しい歯が生えてきたときスペースが少ないため無理矢理生えてしまい歯並びが悪くなっていると言われています。名古屋駅近くにある歯科の中には、健康な歯はなるべく抜かないという方針で治療している歯科もあるため、抜かずに治療したいという人は、そういった場所を探してみましょう。歯を抜かずに行なう矯正治療には、メリットもデメリットも存在するため、治療を受ける前にしっかり話を聞き、自分にあった方法かどうか判断しましょう。

広告募集中